モーニングスターで記事になっていました。
三井住友アセットマネジメントの日興ブラックロック・ハイ・クオリティ・アロケーション・ファンド(為替ヘッジなし)が設定来3ヶ月で1000億円の残高を集めたという内容になっています。

取り扱いはSMBC日興証券のみです。
すごくいいファンドなのか?といわれるとそんなことはないと思います。スペックを見ると3.24%の高い販売手数料に加えて、信託報酬も2%を越えているような商品です(初年度のコストは5%超)。
参考:投資信託の手数料の特徴、種類

運用方針の良し悪しは別としてこのコストをみるだけで投資する気にはなりませんね。

ニュースで取り上げられているように、3ヶ月で1000億ってのはすごいと思いますけど、大手3証券の対面販売であれば変なことじゃないでしょう。
野村證券とかは10年ほど前ですが、募集で1兆円のファンドを集めたわけですし。