相場が堅調なときこそ考えたいのが、「リスク許容度」です。
投資をするときは、運用資金のうちどの程度までなら失ってもいいのか?ということを考えておく必要がありますが、上昇相場のときはどうしてもポートフォリオがややリスクテイクな方向に動くことがあります。

こうしたリスク許容度については絶対額で決める、割合で決めるなど色々な方法があります。
財産を資産運用する際のリスク許容度の決め方
どのくらいのお金を投資資金に回せるのか?

などでもリスク許容度についての考え方が説明されているので参考にしてください。

さて、上昇相場のとき、ポートフォリオにおけるリスク資産の価格(時価)が上昇することによって、結果として割合で考えたときにはどうしても「リスク資産の割合が上昇する」ことになります。

このときには確実に「リバランス」を実施するようにしましょう。
たとえばリスク資産と安全資産とを半々にするポートフォリオというのであればリスク資産を一部売却して安全資産にあてるということになります。

リバランスボーナス」と言う言葉もあるとおり、定期的なリバランスには期待リターンを高める効果があると言うことがわかっています。上昇相場であるからこそ考えておきたいものですね。