海外旅行の計画を練っていると言う方も多いかもしれません。

海外は日本と環境が異なることなどから体調を崩したり、盗難などのトラブルにあることもあります。
もちろん、こうしたことは日本でも起こりえるわけですが、制度や法律、言語が違う外国だからこそというリスクも大きいです。

まず、病気や怪我については日本の健康保険が適用されるわけではないので全額自己負担となります。
一応、「海外療養費制度」という制度で一定の補助を後から受けることはできますが、日本よりも医療自体が高額な国もあり、そのような場合には負担が大きくなることもあります。


そうしたときの助けになるのが旅行保険です。
各損保会社で受付をしていますが、クレジットカードを持っている場合はその付帯保険としても利用できるケースがあります。
参考:クレジットカードと海外旅行傷害保険

適用されるためには旅行ツアーの代金等をカード決済していることといったような条件がありますので、事前に適用されるかをしっかり確認しましょう。