期待資産額というのは、「となりの億万長者」という本を書いたトマス・J・スタンリーさんが提唱した公式です。

期待資産額=年齢×年収/10

というもので、この期待資産額よりも貯蓄できていればしっかり資産形成ができており、そうでなければ浪費していると言うものです。

仮に32歳で年収が500万円と言う場合の期待資産額=32×500÷10=1600万円ということになります。
ちなみに、30代の平均貯金は独身で732万円、ファミリーで600万円ということですので、期待資産額のハードルはかなり高そうです。


こうかんがえると、お金持ちになるためには年収はもちろんですが、「倹約・節約」と言うものの方が大切なような気がします。

参考
節約し貯金できる家計の作り方
節約.net

大河ドラマでも言っていますよね。「ケチではない、倹約だ」と。節約するというのはお金の使い方が賢いとも言います。運用で増やすということも大切でしょうが、無駄な買い物をしないということもやはり同じかそれ以上に大切なことなのだと思います。