個人的には何でこんな商品が売れるのかがわかりませんし、これをお得といって売る証券会社や銀行の人間は信用できません。

・手数料が高い
運用経費(信託報酬)は高いうえ、多くの銀行では販売手数料なども高額です。

・事実上のタコ配(元本の払い戻し)
毎月分配はされているけど、基準価額を削っているので元本の払い戻しに過ぎない。どういうことかというと100万円分ファンドを買って、毎月1万円の分配が出るけど、1年後(12ヵ月後)にはそのファンドの時価が88万円になっていたという話。(もちろん多少は利息部分が乗っているので88万円じゃなくて89満円だったりはする)

ただの手数料を集めるためだけの商品
高い手数料を払って上で、毎月投資したお金を払い戻してもらっているだけの商品に何の価値があるんでしょうか?大抵の分配型ファンドは外債やREITで運用しているわけでそれなりのリターンがあるかもしれませんが、その分リスクもとっています。

結果的に運用がうまくいくパターンもあるでしょうが、手数料分が無駄です。「リスクとリターンの相関図から考える投資詐欺とボッタクリ金融商品」でも書かれていますが、毎月分配型ファンドはボッタクリ金融商品にあたります。

こうした金融商品は販売する銀行が確実に儲かる仕組みになっているのでご注意くださいませ。

ちなみに、分配金に関しては「分配金は利益ではない、投信の落とし穴」も参考になります。