オンラインバンキングに対する不正被害のニュースなどが増えています。
実際に預金を不正に引き出される、送金される事案が増えています。

こうしたネット被害に対しては全銀協は指針として「預金者に過失がなければ補償する」という方針を打ち出しておりますが、法的な根拠はなく、対応としては各銀行によってマチマチ立ったりするようです。
参考:オンラインバンキングで不正から身を守る対策と万が一被害にあった時の補償制度

こうした流れを受けて、よりセキュリティの度合いの強い「ワンタイムパスワード」を導入する銀行が増えてきました。
ワンタイムパスワードというのはパスワードを自動生成される1回だけの使いきりパスワードと刷るものです。「トークン」などと呼ばれるパスワード生成器を利用して利用します。壱回だけつかえないので、不正利用されるリスクはきわめて低くなります。
(参考:ワンタイムパスワードとは


現在のところ、ネットバンクの「ジャパンネット銀行」、「ソニー銀行」が無料提供しています。
また、ゆうちょ銀行も最近になって無料提供を開始しています。

セキュリティ対策も重要ですが、こうしたあるいみ物理的なセキュリティは突破されにくいため、銀行選びを考えている方やセキュリティ面が心配だと言う方はご検討ください。

個人的にはソニー銀行がおすすめです。金利面もやや高めですし、貯金するための色々なサービスがあります。
詳しくは「ソニー銀行の評判、サービス内容等」のページなどをご参照ください。